パワプロ日記

パワプロのプレイ日記です。

【1953年度:プロ入り選手】栄冠ナイン

5人の選手がプロ入りしました。

f:id:pawaono:20191025225547j:plain

2年夏:甲子園優勝

2年春:甲子園優勝

3年夏:甲子園優勝


転生OB長嶋くんの世代です。

1年生時は暗黒期を経験。

そこから黄金期へ盛り返してくれました。

 

成田 隆【投手】

初期能力(入学時)

f:id:pawaono:20191025225650j:plain

最終能力(卒業時)

f:id:pawaono:20191025225712j:plain

沖縄からの越境生。

同期の土田くんとWエースとして活躍。

2年春の甲子園からエースナンバーを付けたが実力はほぼ互角。

先発は調子の良い方が選ばれた。

23試合に登板し防御率2.30。



土田 真司【投手】

初期能力(入学時)

f:id:pawaono:20191025225737j:plain

最終能力(卒業時)

f:id:pawaono:20191025225752j:plain

f:id:pawaono:20191025225807j:plain

f:id:pawaono:20191025225822j:plain

 兵庫からの越境生。

2年秋にエースナンバーを付けたが不振の末に「一発」になってしまい、春の甲子園からは成田くんと背番号を交換。

卒業生のおかげで「一発」は克服し、変化球中心の投球を身につけWエースとして活躍した。

26試合に登板し防御率2.84。


長嶋 茂雄【三塁手】※転生OB

初期能力(入学時)

f:id:pawaono:20191025223420j:plain

f:id:pawaono:20191025223456j:plain

最終能力(卒業時)

f:id:pawaono:20191025225839j:plain

f:id:pawaono:20191025225852j:plain

入学後すぐにスタメン入り。

夏大初戦でいきなりホームランを放ち器の大きさを見せつけた。

しかし1年生時は目立った活躍が出来ずチームも地区大会敗戦と暗黒期に。

2年生になり急激に覚醒し、打線の中心としてチームを勝てるチームに帰り咲かせた。

その後も勢いは止まらず、打率、本塁打、打点、盗塁と全ての成績で卒業生トップを更新。

特に打率.519は驚異的。

世代ではキャプテンも務め、2年春の甲子園では148mの特大アーチも記録。

3年夏の甲子園決勝では満塁ホームランを放ち花道を飾るなど、「持ってる」男。

卒業時に本を4冊贈呈しました。


相木 一也【遊撃手】

初期能力(入学時)

f:id:pawaono:20191025230012j:plain

最終能力(卒業時)

f:id:pawaono:20191025230026j:plain

福井からの越境生。

2年のバレンタインに彼女ができた。

勝負強いバッティングと好守でチームを支えた。

 

今村 孝雄【外野手】

初期能力(入学時)

f:id:pawaono:20191025230042j:plain

最終能力(卒業時)

f:id:pawaono:20191025230058j:plain

地元生ながら越境生を凌ぎプロ入り。

3年夏の甲子園準決勝、同点の9回裏に先頭打者だった彼の魔物がサヨナラ勝利に導いた。


以上!